即日融資でスピード借入!申込~借入の最短時間は?
> > 即日融資はパートも可能?気になる人は事前にチェック!

即日融資はパートも可能?気になる人は事前にチェック!

キャッシングやカードローンが便利になっている世の中、お金を借りたいと思う人が増えています。同時に、様々な就労形態も増えて来ました。

昔は「お金を借りられるのは公務員や正社員だけ」という噂がありましたが、実際はどうなのでしょうか。特に現代、正規雇用だけではなく、非正規雇用と呼ばれる働き方を選ぶ人も増えています。

中でもパートという働き方をする人は多く、その疑問は強くなっていることでしょう。パートの人でもお金を借りることは可能なのでしょうか?また、即日融資を希望しても大丈夫なのでしょうか?

正社員?公務員?正規雇用が強いという噂の理由!

まず、なぜ正規雇用が審査に強いという噂があるのかを検証してみましょう。考えられる理由は以下のようなことが代表的です。

  • 正規雇用は収入が安定している
  • ボーナスなども期待できる
  • 社会保険で休業補償が受けられる

正規雇用は会社が責任を持って雇用し、多くは月給、あるいは定期的な収入を確約した上で働く立場です。つまり、安定した収入が期待できます。怪我などで働けない時も、社会保険で一定の収入がカバーされます。

つまり、正規雇用は他の働き方と比べると、収入が安定している=返済能力が高いとみなされるわけです。

キャッシングやカードローンをはじめ、融資を行う際に金融機関が重要視するのが返済能力であるため、「正規雇用が審査に強い」という噂が立つのは当然のことでしょう。パートなどの非正規雇用が悩むのも当然かもしれません。

重要なのは返済能力!非正規雇用も対象です!

そこで考え方を変えてみましょう。「非正規雇用でも収入が安定していれば、返済能力があるとみなされるのでは?」

最近は非正規雇用の人も増え、社会的立場も安定してきました。法律により、非正規雇用の人も、様々な保障を受けられるようになっています。

つまり、昔ほど、正規雇用者だけが優遇される時代ではないということなのです。

返済能力があると認められれば、パートだって充分にお金を借りることが可能ですよ。

非正規の中でも安定系!パートは返済能力が高い!

パートという働き方を選択している人なら、ほとんどの人が社会保険に関わっているのではないでしょうか。特にフルタイムで働く人、扶養外で働く人であれば、必ず社会保険が関わって来ます。

  • 社会保険に加入しているパートは安定した社会的地位がある

先にも少し説明した通り、社会保険は重要です。まず、いざと言う時の収入がある程度保障されますよね。また、健康保険証も発行されるため、社会的に公的、あるいは準公的な職場にいることを証明できるようになります。

安定した社会的地位を持つ人は、安定した収入が期待できると考えられ、返済能力を測る際、高い評価を受けることが可能です。

パートでしっかり社会保険に加入し、一定の収入が見込める人は、キャッシングやカードローンに自信を持って申し込むことができますし、即日融資も可能ですよ。

パートだって借りられる!商品の探し方のコツ!

いざお金を借りられるとなれば、どこから借りるかと言うことを考えたいものです。パートをはじめとする非正規雇用の人も申し込める商品はたくさんありますので、好みの使い方ができるものを探したいですよね。

金融機関 特徴
銀行 カードローンとして提供することが多い
金利は低め、審査に時間がかかるものもある
商品によっては即日融資可能
消費者金融 キャッシングがメインとなっている
金利は銀行よりも高め、審査が早い
即日融資可能な商品が多い

お金を借りる代表的な金融機関は、銀行、消費者金融の二つが有名です。ショッピングクレジットの信販会社もありますが、現金をすぐに(即日融資を含め)借りるということには特化していません。

銀行の商品は、カードローンの名称でリリースされているものが多くなっています。銀行ならではの特徴として、金利が低いため、非常に人気があります。

ただ、審査に時間がかかるものもありますので、即日融資を希望する人は、申し込み前に即日融資可能かどうかを把握しておく必要がありますね。

また、即日融資が可能な銀行カードローンもありますが、金利がやや高めになっています。こちらも注意しておきたいポイントです。

消費者金融の多くの会社では、キャッシングが提供されています。銀行よりも金利が高めになりますが、審査が早く、即日融資ができる可能性が高いのが魅力です。

非正規雇用の壁?銀行カードローンで注意したいこと

正規雇用と非正規雇用、どちらもお金を借りることはできるのですが、銀行のカードローン商品を探す時には、少々注意しておきたい一面があります。

  • 商品によっては非正規雇用が申し込めないカードローンがある

限度額が高めで、社会的立場が高い人に向けてリリースされている高額商品は、パートのような働き方をしている人が最初から申し込めないことがあります。

取り扱い額が大きくなりがちなため、より高い返済能力を求められるからだと考えましょう。残念ながら、そのような商品は諦めるしかありません。

申し込み資格は商品概要に必ず記載されています。パートでも申し込みができるかどうか、最初に確認しておきたいですね。

銀行&消費者金融共通!限度額の設定についての制限とは

パートの場合は、他にも制限が発生することがあります。借入限度額について考えてみましょう。

  • パートは借入限度額が正規雇用よりも低くなることが多い

正規雇用と比べると、非正規雇用であるパートは、やはり収入が低くなります。いざという時の保障があることは心強いのですが、元々の収入が低めでることが多いため、返済能力がとても高いとは言えません。

そのため、借入限度額は、パートの収入でも返済が可能だろうと考えられる額に設定されることになります。やはり正規雇用よりは低くなってしまうことがほとんどです。これは即日融資であっても、そうでなくても共通の事項だと覚えておくと良いでしょう。

最初は驚くほど低い設定のこともあります。とはいえ、収入と返済のバランスを考えながら誠実に利用していけば、限度額が上がることもありますので、計画的に考えていきましょう。

パートでもこれは無理かも…あなたの年収が重要ポイント

パートでもお金を借りられますし、即日融資の審査に通過することは充分に可能です。利用後の条件が正規雇用者と変わってくるものの、生活の中で便利に使っていけることは確かです。ただ、やはり年収の項目は、審査に大きな影響を与えます。

  • 年収が低すぎると審査に通過しない可能性が高い

ほとんどのパートの人は、おそらくそこまで年収が高くはないでしょう。時間給のため、働けない日が多い場合は、かなり収入が低くなることも考えられます。

たまに病気などで働けないため、一時的な収入ダウンであれば話は別なのですが、そもそもあまり働いておらず、年収が低くなってしまう人は、審査に通過することができないことも多いのです。

年収が低いけど返済能力は大丈夫!と言う事情の人もいるかもしれません。しかし、そこまでは金融機関に分かりませんよね。年収が低すぎれば、返済能力も期待できないとみなされてしまい、審査に落ちてしまいます。

実際のラインはどれくらい?100万円が目安です!

審査で見られる年収のボーダーラインは、およそ100万円だと言われています。

中には年収80万円程度でも審査に通過したという話も耳にすることがあるかもしれませんが、余裕を持って100万円は見ておいた方が確実でしょう。

  • 年収が税込み100万円未満の人は審査に落ちる可能性アリ!

申し込みの際の年収の申告は、手取りではなく、税込みで構いません。保険や年金などの必要経費が引かれる前の金額のことですね。

こちらの金額が100万円を下回る場合、返済能力を疑われ、審査に通過できない可能性が高くなります。特に銀行はハードルが高いようです。消費者金融も甘いわけではありませんので注意が必要です。

逆に、税込みで100万円を超えているのなら、ある程度は安心して申し込むことができるということになります。高い限度額を望まなければ、良い結果に繋がることが多いと言えるでしょう。もちろん、即日融資も可能ですよ。

扶養内の主婦必見!内職並なら専業主婦で!

パートの中には主婦の人もいることでしょう。ご主人の扶養内で、税金対策をしながら働ける立場でもあります。この働き方を選択している人は、場合によっては専業主婦として申し込みをした方がいいかもしれません。

  • 収入が非常に低い
  • 社会保険に加入していない

パートとして雇われていても、収入が非常に低く、いわゆる内職並の年収であり、かつ職場の社会保険に加入していないのであれば、フルタイムやそれに準ずる働き方のパートとは少々違う立場になります。

この2つの条件を満たしていれば、社会的には専業主婦で通用するのです。専業主婦も限度額などを抑えられるものの、キャッシングやカードローンに申し込むことが可能ですので、悪い立場ではないはずです。

もちろん、他の事情やプライドを持って、専業主婦ではないと考えている人もいることでしょう。そういった人には、無理にオススメすることはありません。ただ、多少お得であることは、覚えておいて損はないかもしれませんよ。

返済能力が何より大事!計画的な借入と返済を!

公務員、正社員とは違うパートの立場ですが、きちんと働き、社会的な保障を受けられている人であれば、即日融資を視野に入れてお金を借りることが可能であることが分かりました。

実際、銀行や消費者金融の商品概要にも、非正規雇用(パート、アルバイト等)でも申し込めるという一文が書かれているはずです。近年はそれほど、パートに対して様々な条件が緩和されつつあります。

借りる時には返済計画が大切です。もしも様々な事情で欠勤が続き、収入が不安定になった時には、早々に返済計画を見直すことも視野に入れましょう。計画的な借入と返済、これがパートでも上手にお金を借りるコツですね。

トピックス
ページトップへ