即日融資でスピード借入!申込~借入の最短時間は?
> > 即日融資と即日審査の違いは?意味を知らなきゃ損をする!

即日融資と即日審査の違いは?意味を知らなきゃ損をする!

急いでお金を借りるなら、何と言っても即日融資が一番です。申し込んだその日に現金を調達できて、しかも今の時代なら、無理な返済も有り得ません。

そこで気を付けたいことが、即日融資と即日審査の違いです。一見すれば全く同じように思えますが、実は大きな違いがあります。

知っているかどうかで、借入までのスピードが大幅に変わる可能性もある重要なキーワードです。どのような違いがあるのでしょうか?

即日融資はなぜ可能?審査技術の発達が鍵!

まずは即日融資について見ていきましょう。最近のキャッシングやカードローンの広告では、かなりの高確率でこの言葉が書かれています。急いでお金が必要な人の目を引くインパクトは充分です。

【即日融資とは】

銀行、消費者金融(貸金業)などの金融機関、金融会社に融資の申し込みをし、当日に融資を受けるシステムのこと。

利用には審査に通過する必要がある。また、申し込み方法、利用条件は、各業者によって異なるので注意が必要。

審査があるのは当然のことなのですが、即日融資の場合、とても審査が早いという特徴があります。審査に数日かかってしまうこともある金融商品がある世の中、即日融資可能な商品は、かなりスピーディな審査が求められます。

個人に少額融資をする商品は山のようにあります。

本当に即日融資が必要な人は、必ず「即日融資が可能かどうか」を確認してから申し込みをすると良いでしょう。

どこで借りられる?代表格はキャッシング&カードローン!

即日融資を提供している金融機関はたくさんありますが、その中でも有名なのは、銀行、消費者金融に絞られて来るでしょう。

金融機関 融資形態 特徴
銀行 カードローン 即日融資可能商品が多い
銀行独特の特典があることも
消費者金融 キャッシング ほとんどが即日融資可能
大手は自社ATMを有していることも

銀行と消費者金融を比較すると、即日融資に対応している商品が多いのは、消費者金融だと言われています。

実際、消費者金融は個人への融資に特化した営業形態のため、商品や審査のノウハウが頭ひとつ抜きん出ていることも特徴です。

銀行のカードローンは、即日融資に対応する商品が増えつつありますが、対応していないものも多いため、選ぶ時には注意しておきたいポイントです。自行独特のサービスを展開していることもあり、こちらも見逃せないですね。

即日融資でも審査はしっかり!万全の準備で挑みましょう

即日融資は審査が大変早く、昔の融資からは考えられないスピードで、申し込み、審査、借入を済ませることができるようになっています。こうなると、「もしかして審査が適当なのでは?」と考えてしまう人もいるかもしれません。

  • 即日融資でも審査はしっかり行われる!

現在は審査に必要な情報の精査の技術が上がっています。そのため、審査に時間を要することなく、即日融資が可能なのです。

即日融資だからと言って、審査がゆるい、甘いということは決してありません。申し込みの時には意識しておきたいですね。本人確認書類や収入証明書など、必要な書類もあらかじめ用意しておくと良いでしょう。

即日審査はどう違う?借入が遅くなる可能性アリ!

では、次に即日審査についてチェックしていきましょう。まず改めて覚えておいて欲しいことを思い出して下さい。

  • 即日融資と即日審査は違う

即日融資は先にご説明した通り、「申し込んだその日に融資が可能」という意味になります。

対して、即日審査とは、「申し込んだその日に審査を行うことが可能」という意味なのです。

【即日審査とは】

申し込んだ当日に審査を行うこと。審査に通過したかしないか、通過したのであれば借入限度額はいくらなのか等、審査結果を知ることができる。

ただし、即日の借入はできないため、借入できるタイミングが遅くなる。早くて翌日、遅ければ数日後となることが多い。即日融資を求める人には不向きな方法。

即日審査に向いている人は、「今すぐにお金を借りる必要はないが、審査結果だけでも先にしっておきたい」というタイプです。すぐにお金が必要な場合には、即日審査ではなく、即日融資が可能な商品を選びましょう。

即日審査OKなのは?基本は銀行商品に多数!

即日審査が可能な融資商品は、消費者金融よりも、銀行商品に多く見られるようになりつつあります。以前は即日審査も難しかったのですが、最近では銀行の審査速度も上がり、即日関連に対応する商品が増えてきました。

  • 即日審査商品は銀行が狙い目
  • ただし商品によっては数日~一週間かかるものも

銀行の審査の速度が上がって来てはいるものの、やはり時間がかかる商品もあるようです。特に申し込み資格に年収制限などがある商品は、その傾向が強くなっています。

逆に、申し込み資格に厳しい制限が少ない商品の場合は、即日審査に対応していることが多い傾向にあります。

商品ごとに条件が違います。あなたが利用したい商品が、あなたの希望に対応しているかどうか、申し込み前によくチェックしておきましょう。何事も準備が肝心ですよ。

結果的には即日審査に?即日融資で気を付けたいこと

即日融資と即日審査の違いは分かりましたが、実は即日融資を希望する人でも、気を付けておかないと思わぬ落とし穴に直面することになります。

  • 申し込み状況によっては即日融資ができない
  • 結果的に即日審査のみとなってしまうこともある

即日融資の最大のメリットは、当日に融資が受けられるということです。

しかし、状況によっては即日融資が間に合わず、お金を借りられるのが翌日以降となってしまうこともあるのです。

急いでいる時にそのような結果になってしまっては、たまったものではありません。即日融資を受ける条件は何なのか、商品によって違いはあるものの、調べておくのは非常に重要です。

即日融資可能でも注意!審査状況が時間を左右する!

即日融資が当日に間に合わなくなってしまうケースの原因のひとつとしては、審査に時間がかかるという理由が考えられます。

  • 審査で詳細にチェックしなければならない情報がある
  • 具体的には信用情報に問題がある可能性

信用情報とは、あなたの個人情報に加え、他社からの借入残高や過去の融資商品の利用状況など、様々な項目を総合した名称です。

審査の時にはこの情報を全てチェックし、合否の判定を通知することになります。しかし、ここで信用情報の項目の中に、「すぐに判断が難しいな」と思われるような内容があれば、審査に時間がかかってしまう可能性が出てきます。
  • 他社からの借入が多い
  • 過去の融資商品の返済が滞ったなど
  • 債務整理の経験があるなど

このような項目が発見されると、すぐに判断できかねる場合があります。思わぬ時間を取られ、即日融資ができないことがあると知っておきましょう。

信用情報の参照はどこで?信用情報機関でチェック!

審査で信用情報をチェックする時は、信用情報機関という、融資関連の情報を取り扱っている会社に情報照会を行います。日本に三社存在し、銀行、信販会社、消費者金融と、それぞれ利用する先が異なっています。

機関名 利用金融機関
全国銀行個人信用情報センター
(KSC)
銀行、信金、信組、農協系
株式会社 シー・アイ・シー
(CIC)
信販会社系
株式会社日本信用情報機構
(JICC)
消費者金融系

銀行のカードローンを利用したい人からの申し込みであれば、銀行が情報を参照するのはKSCとなります。その他、それぞれに適した機関への情報照会を行います。現在はインターネットを通じ、短時間で作業が完了します。

情報を参照した時、過去に返済トラブルがあったり、他社からの借入残高が多すぎると判断されたのであれば、審査はより念入りに行われることになります。

これにより、即日融資に間に合わなくなってしまうことがあるのです。

尚、過去に銀行カードローンや消費者金融のキャッシングを利用したことがない人でも、携帯電話の料金(本体の分割払い含む)を滞納した経験があれば、ショッピングクレジットの返済トラブルとして記録されている可能性があります。

信用情報に傷があったら借りられない?条件次第で可能かも

様々な理由で信用情報に問題があると判断されると、審査に時間がかかるだけではなく、審査そのものに通過できない可能性が高くなります。とはいえ、必ずしもお金を借りられなくなるというわけでもありません。

  • 条件次第では融資を受けられる可能性がある

信用情報の傷が、あまりにも酷いものでなければ、審査に通過できる可能性は残されています。ただ、希望通りの結果になるかどうかは微妙なところです。

  • 借入限度額を低く抑えられる可能性がある

もし借りられたとしても、希望の借入限度額よりも低い金額に設定されることは覚悟しておく必要があります。また、今後の返済に関しても、より注意して、遅れのないように行っていく必要があります。

順調に返済を進めていけば、やがてあなたの信用は回復していくことでしょう。即日融資に限らず、申し込みをする際、過去にトラブルの記憶がある人は、ぜひ心がけておいて欲しいポイントです。

余裕を持って申し込みが一番!即日融資こそ堅実に!

即日融資はとにかく、素早い融資を受けられることが魅力です。ただ、ちょっとした知識不足のために、融資が翌日以降になってしまう…という状況になるということは覚えておきましょう。

また、信用情報に問題がなくても、即日融資が間に合わなくなり、即日審査にとどまってしまう原因は、他にも申し込み方法や、申し込み時間のタイミングの悪さなどが考えられます。

即日融資と言うと手軽に思えるかもしれませんが、その実、堅実にひとつひとつの要因をクリアしていくことが何よりも重要です。ぬか喜びにならないよう、申し込みの時には充分に注意して下さいね。

トピックス
ページトップへ